お題

エリマキトカゲはどんな時にえりを広げるのでしょうか?

答え

いままでの自分を振り返り、悔い改めたいと思った時

解説

エリマキトカゲは日々反省していたというわけですね。
しょっちゅう悔い改めたい感じ?

意外とネガティブな動物なんですね( ´∀` )

エリマキトカゲ

エリマキトカゲ(Chlamydosaurus kingii)は、爬虫綱有鱗目アガマ科エリマキトカゲ属に分類されるトカゲ。本種のみでエリマキトカゲ属を構成する。

全長60-90センチメートル[1][2]。尾が全長の2/3を占める。頸部に舌骨で支えられた襞襟状の皮膚飾りがある。

森林に生息する[1][2]。樹上棲だが採食などのために地表に降りることがあり、地表では後肢だけで直立し走行する[2]。危険を感じると襟状の皮膚を広げて威嚇する。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事